平野瓦
>
太陽光発電
>
太陽光Q&A

必見!プロがこっそり教える太陽光発電のQ&A

 

弊社平野瓦工業所が
よくお客様から頂くご質問にお答えします。

 

 

太陽光発電について

 

Q. 太陽光発電って儲かるでしょ?

 

A. システムを理解した使用をすれば、ほとんどの方に満足していただいております。

 

太陽光発電を設置すれば、自宅の屋根がどんどんお金を稼いでくれるようなイメージを持ってしまいがちです。しかし、誤解をしてはならないのは現行の制度は『余剰買い取り』。つまり余った分だけ買い取ってくれるという事です。太陽光発電を設置したからといって家庭内消費が高まれば、それだけ売電収入は減ってしまいます。
『昼間の使用電力をどれだけ抑えられるか』によって、メリットは大きく変わってきます。

 

 

 

Q. 何年で元が取れるんですか?

 

A. 一般的には10年~15年といわれています。

 

上記のAのように、家庭内消費によって大きく変わってきます。しかし効率よく設置し、売電・買電を意識すれば、10年程度で元が取れるケースも多いです。カラーモニター確認による節電意識が、大きな効果をあげている事もあるようです。
但し、パワーコンディショナー等の電気機器は、10~15年程度で修理・交換が必要になる可能性があります。また、売電用のメーターは設置してから10年で交換の必要がございます。そういった費用もきちんと計算に入れるのが、減価償却期間の鍵です。

 

 

 

Q. どうせメンテナンスにお金がかかるんでしょ?

 

A. 基本的にはメンテナンスフリーです。

 

モジュールについたゴミやほこりは、雨で流れてしまうので、特別なメンテナンスは必要ありません。
※大量の落ち葉や鳥のフンが付着した場合、取り除く必要が発生する場合もあります。 カラーモニターで日々の発電量に異常がないか、チェックしていただく事が大切です。 また、太陽光発電システムは設置後自動運転ですので、システム運転や売電等も自動で行われます。

 

 

 

Q. 家を留守にする事が多いんですが・・・

 

A. 問題ございません。

 

上記したように、太陽光発電システムは自動運転ですので、長期の出張や旅行でもそのまま運転していただいてかまいません。 むしろ使用電力が減りますので、逆に売電収入が期待できます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q. 曇りの日は発電するの?

 

A. すくないながら、発電はします。

 

しかしながら、曇りの日は晴天時の1/3~1/10、雨の日は1/5~1/20程度の発電量になります。
※モジュールに雪が積もった場合は、発電はほとんど期待できません。

 

 

 

 

 

 

 

Q. 屋根が北向きなんですが・・・。

 

A. 残念ながら、設置はお勧めできません。

 

太陽光発電システムは南側設置を100%とすると、東・西面で85%くらいですが、北面設置になると60%程度の発電効率になります。また北面設置は近隣への光害の影響が予測されます。
※設置が困難な場合は、オール電化へ移行するなど、太陽光発電以外のシステムで光熱費削減をご検討ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

Q. 保証はあるんでしょうか?

 

A. 保証はございますが、メーカーにより内容が異なります。

 

保証内容・保証期間はメーカーによって異なりますので、詳しくはお問い合わせフォームよりご連絡下さい。
また、設置に関しては当社独自に『全瓦連第三者賠償保険制度』に加入していますので、万が一の工事中の事故や、設置後の雨漏れ保証等、万全です。

 

 

 

 

 

 

 

 

Q. 停電しても安心ですよね?

 

A. あくまで補助的なものとお考えください。

 

停電した場合、非常用コンセントまたはパワーコンディショナの専用コンセントにて電気を使う事が出来ますが、 ①夜間は使用不可 ②最大1.500wまでの電力使用 となっています。
また、日中でも天候や日射量によっては使用可能な電力は変動します。

 

 

 

 

 

 

 

 

Q. 良いことばかり聞きますが、本当はデメリットもあるんでしょ?

 

A. 正直、ございます。

 

一般的に言われている『元が取れないんじゃないの』・『雨漏れするんでしょ』といった問題は、設置された方の節電意識や、設置業者のきちんとした提案及び施工技術があれば、本来まったく問題ありません。
強いて言えば『太陽光発電』の名が示す通り、天候や季節に左右されてしまい、安定した発電量が見込みづらいことと、設置費用が高額といったところでしょうか。
※しかしながら、メーカーによる年間予測発電シュミレーションや、国や各自治体における補助金等を利用すれば、設置のデメリットを軽減する事が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

Q. じゃあその補助金って今どうなってるの?

 

A. 国や県、市などの補助金制度がございます。

 

実際のところ、補助金の金額が太陽光発電システム設置の大きな助けになる事は間違いありません。
補助金の内容・金額は機関によってまちまちですが、国・岡山県・倉敷市の大まかな概要を下記にてお知らせいたします。
※2013年4月現在の概要です。詳しい内容・金額等は、各機関のホームページにてご確認下さい。

 

①J-PEC補助金(国)
システム単価:税抜 410.001円以上500.000円以下⇒15.000円/kwの補助
システム単価:税抜 410.000円以下        ⇒20.000円/kwの補助
※その他必要項目がございます。J-PECホームページ
にてご確認下さい。

 

②岡山県補助金:25年度はまだ未発表です。
※更新内容は、岡山県ホームページ
にてご確認下さい。

 

③倉敷市補助金:既築・中古住宅⇒20.000円/kwの補助(条件80.000円まで)
※今年度補助制度は『新築物件は対象外』となります。ご注意ください。
※その他必要項目がございます。倉敷市ホームページ
にてご確認下さい。

 

もちろん上記以外でも、補助金受付をしているところが多々ございます。お住まいの地域の補助金内容をご確認したい場合は、お問い合わせフォームよりご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

Q. 他に注意することはありますか?

 

A. やはりきちんとした施工業者にお願いする事ですね。

 

長い間つきあうシステムになりますので、最初の設置を慎重に行って下さい。施工後のアフターケアもままならないような業者では、安心して任せられませんよね?
当社では施工後の雨漏り保証を始め、太陽光はもちろん屋根全般のアフターケアにも力を入れています。
太陽光発電システム自体は、国が補助金をだして設置を推奨する事から推察しても、間違いのないシステムです。 後は提案と設置の問題さえクリアできれば、環境にもお財布にも優しいシステムですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

Q. ちょっと平野瓦工業所に、見積り依頼をしたくなったんだけど・・・

 

A. ありがとうございます。

 

お問い合わせフォームより、お気軽にご相談ください。

 

 

 

屋根や瓦のQ&Aはこちら